ホーム > 青汁の危険性について > 発がん性の危険

発がん性の危険

野菜は、科学肥料や農薬を使うと硝酸イオンというものになり野菜に含まれます。

それは、どの野菜にも入っていますが、濃度が低いものと高いものがあります。
その硝酸イオンが発ガン作用があるのです。

青汁には硝酸イオンが多く含まれています。
有機野菜の硝酸イオンの濃度が低いものがいいと思います。