ホーム > 青汁の危険性について > 糖尿病や腎臓の悪い方は危険

糖尿病や腎臓の悪い方は危険

青汁(野菜)にはカリウムとリンが含まれています。

カリウムとリンはミネラルの一つですが、糖尿病や腎臓の悪い方は、
カリウムやリンを排出することが出来ません。

ですので、カリウムやリンを体内に溜まってしまいます。

それによって、高カリウム血症という病気になってしまう恐れがあるのです。
高カリウム血症は不整脈、体力低下、吐き気、嘔吐、しびれなどが起こってきます。

ですので、糖尿病や腎臓の悪い方は青汁を摂取することは控えた方がよさそうです。